パッチワークに使用する糸|Tシャツの作成をして仲間意識を高めよう!

Tシャツの作成をして仲間意識を高めよう!

洋服

パッチワークに使用する糸

針と糸

なめらかで丈夫なもの

何枚もの布片を縫い合わせることで大きな作品を作り上げるのがパッチ―ワークです。ベッドカバーやタペストリーなどのパッチワークの作品は、とても美しく繊細で複雑なものに見えます。パッチワークをするのにはパッチワーク糸というものが必要となります。パッチワークにはミシン糸や縫い糸というものは適していません。パッチワーク糸としては一般的に、ポリエステルで作られた細くしなやかな糸が使用されます。また、ロウ引き加工された滑りのよい専用の糸もあります。これは、張りがある糸なので針通りが良いという特徴があります。ポリエステルとコットンの混紡糸もおすすめです。パッチワーク糸には、なめらかですべりがよく、丈夫なものの中で好みのものを選ぶと良いでしょう。

糸の色を選ぶ

パッチワーク糸を選ぶ時に気を付けたいのは糸の色についてです。これから作ろうとしているパッチワークの生地と色が似ているパッチワーク糸を選ぶと、完成されたパッチワークがより美しいものとなります。特に初心者で縫い目が整っていない場合には、目立たない色を選びたいものです。しかし、パッチワークをこれから始めようという場合には、布に合わせた糸を全てそろえるのは大変です。まずは無難な目立たない色の糸を一つ選ぶようにしましょう。完成させるパッチワークの全体図を想像して、ブルー系なら青の糸を、茶系なら生成やベージュの糸を選ぶのがおすすめです。一枚ずつパッチワークを完成させるごとに、少しずつ糸の色の種類を増やしていくのが良いでしょう。